ものづくり補助金申請支援サービス


◇(通称)「ものづくり補助金」とは?

 国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援する補助金制度で国(経済産業省)が管轄しています。毎年度ごとに、交付要綱が定められるため、適用要件や補助率や上限の金額などには注意が必要です。

 

◇「ものづくり補助金」申請支援サービスの概要について

~「ものづくり補助金」申請支援サービスの進め方~

①初回無料相談(ヒアリング)

 まずは、初回無料相談を行い、お客様が検討する事業計画のヒアリングを行います。

   ▼

②受託可否診断・見積り報告・契約締結

 次に、当方のプロジェクトチームにて、補助の要件に沿っているか、採択される見込みがあるかなどを総合的に審査し、受託の可否を検討いたします。受託可能との判断であれば、当方が提供できるサービス内容及び提供期間をお伝えし、コンサルティング報酬等にご納得頂き、守秘義務契約及びコンサルティング契約を締結します。

   ▼

③詳細ヒアリング・資料収集

 その後、お客様から詳しいヒアリングを行い、直近の決算資料などの「必要添付書類」をご案内・受領し、ものづくり補助金等申請書及び補足資料の作成、提出準備を進めます。

   ▼

④申請書への捺印・申請書提出

最終的に、申請書の提出が完了し無事に受理された段階で、申請支援サービスが終了します。その後、「採択」がなされ次第、コンサルティング報酬(成功報酬部分)のご請求をさせて頂きます。

     ▼

  ⑤採択結果発表(※採択された段階で成功報酬を請求)

     ▼

  ⑥計画として提出した補助事業の実施

     

  ⑦「完了実績報告」の提出

 

 ※⑤以降の採択決定後の継続的な支援を希望の場合は、別途経営顧問契約が必要になります。

 ※補助金の公募要領により、進行スケジュールが変わる場合があります。

 ※添削支援型サービスの場合は、「チャット」でのやりとりが中心になります。

 

◇「ものづくり補助金」申請支援サービスの料金について

累計

報酬プラン①(成功報酬型)

報酬プラン②(着手金型)

報酬プラン③(添削支援型)

着手金

 0円

(※交通費や印刷費等の実費のみ)

10万円+消費税

(※交通費や印刷費等の実費別途)

 ー
成功報酬

採択額 × 10%+消費税

(※最低報酬60万円)

採択額 × 7%+消費税

(※最低報酬60万円)

定額報酬

30万円+消費税

(※採択結果に関わらず発生)

支援内容

申請書の大枠を当社にて作成し、意思決定者の方と数回のヒアリングに基づき、ブラッシュアップを図ります。写真やデータ提供のみお願い致します。採択されない場合の報酬は不要です(実費数千円のみ)。

報酬プラン①と同じサービス内容ですが、「着手金」を頂く料金プランです。支払い総額を抑える代わりに、不採択の場合でも費用負担が発生します。最低報酬は報酬プラン①と同じく60万円です。

最も安価な報酬プランです。申請書のほとんどをお客様ご自身で作成頂く代わりに、当社が「添削」を3回行うことで、採択確率を高める支援方法です。チャットにて対応を行いますので、遠隔地からのご依頼にも対応させて頂きます。成功報酬不要ですが、不採択の場合も費用が発生致します。成功した場合に最も割安となります。

※上記は原則となりますが、申請対象となる公募要領の内容や申請スケジュールの状況、申請類型といった個別の案件状況により、増加する場合があります。詳しくはお問合せ下さい(事前での書面見積りあり)。

 

◇ものづくり補助金申請支援サービスに関するご相談・お問合せはこちら