【採択結果発表】平成29年度補正ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金

◇平成29年度補正「ものづくり補助金」採択結果発表!

【平成29年度補正】「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の採択結果については、こちらのリンク先ページからご確認ください(※2018年6月中の発表を予定しています)。

http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm#mono

 

今回の一次公募では、1万7275件の応募申請に対して、9518件が採択されました(一次公募における採択率は約55.1%)。

また、今回は「二次公募」がありますので、まだまだ採択数は増える予定です。

 

◇一次公募で「採択」された方の注意点!次は何をする?

一次公募で採択されたとしても、補助金がすぐにもらえるわけではありません。今後開催される「採択者向け説明会」に参加し、「交付申請書」の提出が必要です。補助事業の対象である設備等の発注はその後の「交付決定後」でないと補助金対象外経費となってしまいますので、必ずご注意ください。

 

また、先端設備等導入計画の認定を受けることと表明して「加点」を得られている事業者様は、そちらの認定を得ることが交付決定の条件とされています(公募要領)。そのため、交付申請と併せてそちらの申請についても、速やかに準備することが必要不可欠です。

 

<固定資産税の減額特例についてはこちら(例:名古屋市の場合)>

【名古屋市】中小事業者等の方が、先端設備等導入計画に基づき新たに取得した一定の設備について、固定資産税(償却資産)の課税標準額が軽減されます。

http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000106795.html

◇平成29年度補正「ものづくり補助金」二次公募は?

平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」に関しては、「二次公募」が予定されています。6月26日(火)午後13時現在で公募等は未発表ですが、例年のように公募期間及び事業実施期間が短いことが予想されます。また、一次公募の結果に比べて、採択率も低くなることが予想されます(※応募件数による)ため、二次公募で採択されることは容易ではありません。

 

株式会社エベレストコンサルティングものづくり補助金等申請支援事業部では、「一次公募」で不採択となってしまった事業者様先着5社のみを対象として、二次公募での採択を目指すため、事業計画のブラッシュアップ、申請書の記載方法などに関して短期間でアドバイスさせて頂きます。

 

お気軽にお問合せ下さい。