お客様満足の最高峰を目指す エベレストグループ

お問い合わせ
ものづくり補助金等申請支援サービス ものづくり補助金・省エネ関連補助金・事業承継補助金・その他各種補助金に関するご相談承ります
他社(※行政書士以外)では申請書作成ができない「経営革新計画承認申請」「経営力向上計画認定申請」「先端設備等導入計画認定申請」「地域経済牽引事業計画認定申請」「事業継続力強化計画認定申請」についても、行政書士法人エベレストで徹底支援!
ものづくり補助金等申請支援サービス ものづくり補助金・省エネ関連補助金・事業承継補助金・その他各種補助金に関するご相談承ります
他社(※行政書士以外)では申請書作成ができない「経営革新計画承認申請」「経営力向上計画認定申請」「先端設備等導入計画認定申請」「地域経済牽引事業計画認定申請」「事業継続力強化計画認定申請」についても、行政書士法人エベレストで徹底支援!

【事業再構築補助金】事前着手申請制度について(第6回)

第6回公募における事前着手申請制度対応要領(3月28日版)

事前着手申請制度対応要領(第6回)
事前着手申請制度対応要領(第6回)
事前着手申請制度対応要領(第6回).pdf
PDFファイル 286.6 KB
事前着手申請システム操作マニュアル
事前着手申請システム操作マニュアル
事前着手申請システム操作マニュアル.pdf
PDFファイル 1.8 MB

事前着手申請制度とは(事業再構築補助金第6回)

補助事業の開始(購入契約(発注)等)は、交付決定後に行うことを原則としており、交付決定前に事業開始された場合は、原則として補助金の交付対象とはなりません。ただし、本事業においては、早期の事業再構築を図ていただくために必要となる経費について、補助金の交付決定前であっても、事務局から事前着手の承認を受けた場合は、令和 3 年 12 月 20 日以降に購入契約(発注)等を行った事業に要する経費も補助対象経費とすることができます。


※交付決定以降に事業を開始される事業者の方については、本申請は不要です。
※交付決定前に事業着手が承認された場合であっても、補助金の採択を約束するものではありません。
※令和 3 年 12 月 19 日以前に行われた購入契約(発注)等については、補助対象経費として認められません。
※事前着手の承認を受けた場合であっても、交付申請手続きは必要となります。また、事前着手承認後に発注等を行った経費であっても、交付申請時に事務局にて申請経費の内容等を確認した結果、補助対象とならない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

【事前着手申請制度/事業再構築補助金第6回】申請期間

2022年 3 月 28 日(月)から 交付決定日まで

 

【事前着手申請制度/事業再構築補助金第6回】提出方法

応募される方は、本事業の申請とは別に、事前着手の為の申請を事務局に下記 URL より jGrants にて申請下さい。

【お問合せ先】
<事業再構築補助金事務局 コールセンター>
 受付期間:9:00~18:00(日祝を除く)
 電話番号:ナビダイヤル/0570-012-088

 IP 電話用/03-4216-4080

 

 

【事前着手申請制度/事業再構築補助金第6回】承認結果の通知

事前着手の承認の可否を決定後、結果を通知します。
通常、申請から 10 日~2週間程度を目安に通知を行う予定ですが、内容や申請状況によってはさらに期間を要する場合がありますので、ご了承ください。

 

【事前着手申請制度/事業再構築補助金第6回】その他の注意事項

必ず、申請者名と同一法人・個人の連絡先を記載してください。申請者以外の認定経営革新等支援機関や外部支援者が記載されている場合は、内容に関わらず、承認は致しません。